代引き人気 POLAR GPSマルチスポーツウォッチ 安心の実績 高価 買取 強化中 VANTAGE M ホワイト S 90069744

POLAR GPSマルチスポーツウォッチ VANTAGE M ホワイト S 90069744

20871円 POLAR GPSマルチスポーツウォッチ VANTAGE M ホワイト S 90069744 インテリア・雑貨・寝具 時計 インテリア・雑貨・寝具 , 時計,VANTAGE,GPSマルチスポーツウォッチ,/amphipodous4127.html,90069744,20871円,ホワイト,POLAR,M,S,www.weflyagri.com POLAR GPSマルチスポーツウォッチ 安心の実績 高価 買取 強化中 VANTAGE M ホワイト S 90069744 POLAR GPSマルチスポーツウォッチ 安心の実績 高価 買取 強化中 VANTAGE M ホワイト S 90069744 インテリア・雑貨・寝具 , 時計,VANTAGE,GPSマルチスポーツウォッチ,/amphipodous4127.html,90069744,20871円,ホワイト,POLAR,M,S,www.weflyagri.com 20871円 POLAR GPSマルチスポーツウォッチ VANTAGE M ホワイト S 90069744 インテリア・雑貨・寝具 時計

20871円

POLAR GPSマルチスポーツウォッチ VANTAGE M ホワイト S 90069744







日本版GPS・みちびき対応、最大30時間の連続使用&9LED手首型心拍計を備えたランニング&マルチスポーツウォッチ

商品概要


●POLAR初日本版GPS「みちびき」対応。日本版GPSともよばれる人工衛星を使った位置計測システム「みちびき」(準天頂衛星システム:QZSS)に対応。みちびきに対応したことで、従来のGPSに加え、みちびきの測位データを補完して利用することができます。都市部や山間部といったビル、樹木などでGPS衛星の電波がさえぎられるような場所で、みちびきの衛星電波が補完し、位置情報のデータ精度が上がることが期待できます。もちろんみちびき以外にも、A-GPSとGLONASSにも対応しています。
●新開発の睡眠分析機能や自律神経の回復具合も測定。リカバリー状況がわかります。(1)Sleep Plus StagesTM睡眠時の体の動きに加えて心拍数を計測し、従来の睡眠分析機能・Sleep Plusよりも詳細な睡眠データを計測します。睡眠時間や、就寝・起床時間といった情報に加え、レム睡眠の時間、睡眠サイクルの回数などが新たに分かります。心拍数を含めて得られた睡眠データを分析し、睡眠スコアとして数値化。睡眠スコアは、過去4週間のユーザの平均値と比較することができ、睡眠の改善、悪化などを確認することができます。(2)Nightly RechargeTM睡眠時の平均心拍数や、心拍間隔時間、平均心拍数変動、1分間の呼吸数などを計測・分析し、自律神経ステータスとして数値化します。睡眠中の自律神経が、交感神経と副交感神経のどちらが優位に働いているかを見ることで、睡眠の質が分かります。この自律神経に関わる内容とSleep Plus StagesTMの睡眠スコアをもとに、前日の身体・メンタルの疲れが癒されているかが分かり、6段階で回復状況を評価します。
●新開発のPrecision Prime心拍センサー9個の2カラーLED(レッド・グリーン)、接触型センサー、加速度センサーの3つのセンサーを組み合わせ、更なる高精度測定へ。
●軽量ボディ×カラーディスプレイPolar Vantage Vと比べて重量が約30%軽い45g。厚さも0.5mm薄い12.5mmとなり、長時間の着用でも気になりません。また日中の屋外や夜間でも見やすいカラーディスプレイを採用しました。
●最大30時間の記録が可能なバッテリーGPS(高精度) と 光学式心拍センサー同時使用時で最大30時間の記録が可能(通常使用で最大1週間(毎日1時間のトレーニングと24時間心拍計測)。
●呼吸エクササイズ自律神経の副交感神経を優位にして、自律神経を安静な状態にするため行う、呼吸のエクササイズです。ディスプレイの表示を見ながら息を深く吸って、深く吐くを繰り返します。睡眠前に行うことで、睡眠の質を高める効果が期待できます。メニューから常時、呼吸エクササイズはできますが、Nightly RechargeTMによる睡眠分析で必要と判断したときには、特別にアラートで知らせます。
商品名 POLAR GPSマルチスポーツウォッチ VANTAGE M ホワイト S 90069744
型番 90069744
メーカー POLAR
メーカー希望小売価格 39,380円
メーカー発売日 2020年09月17日
メーカー保証年数 2年

商品の詳細規格

気圧センサー

POLAR GPSマルチスポーツウォッチ VANTAGE M ホワイト S 90069744

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

膜タンパク質・膜貫通タンパク質の簡便な抽出方法

超遠心不要で効率的かつ円滑なタンパク質抽出 複雑なタンパク質混合物の精製はプロテオミクスにおいて重要な課題の一つです。そこで、再現性および信頼性高く、かつ簡便…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

RT-qPCRのためのqPCRの基礎とコツ

定量PCRとは 定量PCR(quantitative PCR)は、qPCRやリアルタイムPCRとも言われ、決められたサイクル数までの一連のPCRにより発生した…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

マイコプラズマ汚染検出方法、「直接培養法」と「DNA染色法」

細胞培養実験でのマイコプラズマ汚染試験の必要性 培養細胞の代表的汚染微生物として知られるマイコプラズマ。一般的には、しつこい咳と、頑固な発熱が特徴のマイコプラ…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

メルクからアドバイス!トラブル発生時に見直すべき5つの実験環境

その実験トラブル、試薬でも装置でもなく環境が原因かも 研究者にとって、ある日突然、理由もわからず、今まで取れていたデータが取れなくなることほど恐ろしいことはあ…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…